学生がキャッシングする際のポイントとは?

一人暮らしの学生にとって、アルバイトをしながら生活をしていても急な現金出費で困ることがあります。

特にキャンパス移動や高額な専門書購入が必要になるなど、現金が必要な理由は様々です。そこで、学生でもキャッシングを利用できないかと考えます。

しかし、キャッシングの利用条件としては『20歳以上であること』や『安定した収入がある』があります。そのため、キャッシング審査に通り難いということとなります。

学生でも融資可能な消費者金融はあるものの、ダメ元で審査申し込みを受け、審査NGとなった場合は6ヶ月間は絶対に審査申し込みしてはいけません。

個人信用情報機関に照会情報が記録されることとなり、他の消費者金融に申し込みを行っても審査はNGです。

もし、どうしても教科書代や引越し代といった点を考えるのであれば、学生生協が提携するクレジットカードを契約しておくことをおすすめします。

生協のクレジットカードの場合、教科書を購入できる他、提携する引越業者の代金支払にも利用できます。

また、キャッシングのように高い利息が発生することもないので、安心して利用することが出来ます。

消費者金融の審査基準と申し込む前に注意する事

消費者金融にキャッシングを申し込むと審査が行われて可決されないと利用する事が出来ません。そのため申し込む前に不安になってしまう人も多いので消費者金融の審査基準について見ていく事にしましょう。

消費者金融の利用条件は20歳以上で安定した収入があるとなっているので該当していれば基本的に審査は可決されます。しかし安定した収入とは収入が多いというわけではなくて月々に一定の収入があるという事になります。そのため収入が多くても無収入の月があったりすると収入が安定していないと判断されて審査が否決されてしまう可能性もあります。審査が可決されるためには月々に一定の収入を得ておくというのが大切になってきます。

消費者金融の審査では他社からの借り入れも重要項目となっています。基本的に他社からの借り入れがあると業者側に悪い印象を与えてしまうので審査が不利になってしまいます。そのため消費者金融にキャッシングを申し込む時はなるべく他社から借り入れはしないようにしましょう。